距離感

相手に尽くしすぎる女性は幸せになれないと言われることが時々あります。
では男性に尽くしすぎる女性とはどんな人が多いのでしょうか。

自分の主張を声高に宣言できる人や、希望があればすぐに口に出せる人であれば、人に尽くすよりもむしろ尽くしてもらうことに喜びを感じるでしょう。
尽くしてしまう女性の多くは、大人しい人や自分の意見をあまり言うことができない場合があります。
もしくはしっかりとした自立心を持っている人であっても、自分自身が満たされることよりも相手が満たされることによって喜びを感じる気質の人に多いのかもしれません。

自分に自信のないタイプの女性が男性に尽くしてしまう場合は、わがままを言って嫌われるのが怖いと思っているのかもしれません。
彼との出会いをとても大切に思っている人なのでしょう。
相手に尽くすことで誠意を見せ、いつまでも好きなままでいてほしいという健気な気持ちの表れです。

その一方で、自分に自信のあるしっかりした女性でも尽くしがちな人はいます。
そういったタイプの女性であれば、極端な場合には尽くすことそのものが自己満足になっている恐れがあります。
自分がこうすれば彼は喜ぶだろう、感謝されるだろうという予測を前提にしているのではないでしょうか。

それで彼が喜べば言うことはないはずですし、彼に対して尽くしている状態の自分を好ましく思っているかもしれません。
しかし嫌われたくないという過度な怯えや、尽くすことに対する女性の自意識は、時に尽くされる側の彼にとって負担となってしまうこともあります。

なんでもかんでも彼の言葉に従い、いつでも顔色をうかがってくる彼女に彼の気分はよくなるでしょうか。
頼んでもいないことであれこれと世話を焼き、常に余計な口出しをされたら彼はどう思うでしょうか。
信頼関係やある程度の距離感はどんな親しい仲にでも大切です。

現実の出会いばかりではなく、アプリのようなネット上の出会いであってもそれは同様でしょう。
アプリで交わすコミュニケーションで、あまりに下手に出られたりお節介が過ぎたりする相手に男性は好意を持ちづらくなります。
怯えも自己満足も取り払い、気軽な付き合いができることも時には大切なのです。