メールで左右される

出会いアプリをしていて気になる異性と出会えたことはあるでしょうか。
様々な人たちが集まるアプリという場であれば、気の合う相手と巡り合うことも普段の日常生活よりも多くなるでしょう。
メールでのやり取りで仲良くなり、どのタイミングで実際に外で会おうと誘うか迷っている人もいるかもしれません。

しかし重要なのは会おうというまでに築き上げていく関係性です。
相手とより仲良くなっていれば、外で会おうと切り出して断られる確率も格段に低くなっていくでしょう。
しかしアプリ上のメールで頑張って親しくなろうと励んだ結果、それがむしろ裏目に出てしまうということもあります。

相手からの連絡が入れば即座に応じ、自分のやりたいことを犠牲にしてまでメッセージのやり取りに夢中になってしまう人も中にはいるでしょう。
メールに載せる文章も相手を否定することは一切なく、常に肯定的な態度ばかりを貫くこともあるでしょう。
出会い初めの頃でお互い何も知らない状態であれば、そこまで必死になってしまうのも仕方がないかもしれません。
しかしある程度やり取りを重ねてきたにもかかわらず、むしろ日を追うごとにメールでのしつこさが目立ってくると相手が引いてしまうことも考えられます。

これは男性でも女性でも変わりません。
男性がメールで女性に尽くしてしまうとき、良く知りもしない相手のことをとりあえず褒めておくような真似をしてしまうことはないでしょうか。
女性がメールで男性にアピールする時、こんなことを言ったら今後の関係に悪い影響を与えるのではないかと怖れを抱くことはないでしょうか。

時間を犠牲にして相手に合わせるメールばかりしていると、たとえアプリであってもその関係は破たんしてしまいます。
アプリというスマホを介したやり取りだからこそ、本心で持って相手と接することは必要なのです。

無理のない言葉のやり取りは温かみがこもるでしょう。
どちらからともなく外で会いたいねと、そんなメッセージを交わせるようになれば心を開けた証拠です。
相手に合わせることが恋愛ではありません。
アプリだからこそその第一歩を、踏み間違えないように気をつけましょう。